神戸探訪
オリエンタルホテル(神戸)

 

2年ぶりの神戸にやってきました。前回は「世界一の朝食」を食べたくて北野ホテルだったのですが、今回はオリエンタルホテルに宿泊です。トンネルに挟まれた新神戸駅から一駅で三宮です。駅からぷらぷら歩いて約10分、バーニーズの隣にこじんまりとした入り口があります。ビルは大きいのですが、入り口が小さい感じはなんだかヨーロッパっぽい感じ。エレベーターで17階に行き、チェックイン。神戸港が一望できます。ああ、神戸だなぁという景色です。部屋の中はアジアのリゾートホテルのような雰囲気。もともとオリエンタルホテルの開業は1870年らしいのですが、その頃の神戸の地図が部屋に飾ってあるのですが、大使館や通信社が立ち並ぶハイカラな場所だったようです。大阪からわずか30分足らずなのですが、ちょっとリゾート気分になってきました。

 

客室

▲アジアのリゾートホテルのような客室

 

 

迷わず17階でシャンパンを飲むべし

チェックインで一息ついたら、オススメの17階のバーに行ってシャンパンを一杯。オリエンタルホテルは丸の内の有楽町前にもレストランがあり、そこではグラスシャンパンは1,000円ですが、こちらは1,300円。東京の方が安いというのも珍しいのですが、夜景とテンションが違います。やっぱり神戸の夜景にはシャンパンでしょう。おお、結婚式2次会あがりのうるさい人達がわさわさやってきました。せっかくの雰囲気がと思っていたら、スタッフの方がすぐに静かなところに移動させてくれました。さすがです〜。

17階からの神戸の夜景

▲17階からの神戸の夜景

昔のオリエンタルホテル周辺の地図

▲昔のオリエンタルホテル周辺の地図

 

 

文化交わる神戸

というような神戸もいいのですが、結構かわったお店もいろいろあるのが、神戸。さすが港町としての歴史が深く、さまざまな文化をミックスさせてます。広東料理とお好み焼きという中華&大阪B級という組合せや、家庭の延長の食堂といったお店はざら。夜ご飯をどこにするか迷ってしまいます。広東料理もお好み焼きも好きな私としては、迷わず「広東料理とお好み焼き 千代」に。牛たんスモーク、ちょっとかわったピータン豆腐(美味!)からスタートして、前菜にフカヒレとカニのたまごのスープと続き、牛肉炒め、水餃子にメインのアワビのXO醤炒め。鉄板で炒めるとまたひと味違う気がします。最後のしめのお好み焼きOR焼きそばがまたたまりません!満腹満腹で通りを歩いているとまだまだ気になるお店が多いです…。

また次回もウロウロしてみます。

▲アワビのXO醤炒め。うまいっ!

▲アワビのXO醤炒め。うまいっ!

▲最後の焼きそば。お好み焼きにするか迷いました。

▲最後の焼きそば。お好み焼きにするか迷いました。

▲今回は広東料理とお好み焼きの千代へ。

▲今回は広東料理とお好み焼きの千代へ。

▲次回はこちらに「皆様食堂」。

▲次回はこちらに「皆様食堂」。

Other articles from ted

未分類

9月11日まで|吉田タイスケ写真展  「ふたたびミツオジャン(父)」

    吉田タイスケ写真展  「ふたたびミツオジャン(父)」MITSUO-JEAN EN...

Events

7月25日|平野由希子のワインの時間ー夏の会ー|スパイス料理&夏ワインを楽しむ

平野由希子さんによる、ル・クルーゼを使った料理とワインを楽しむイベントを開催します。第2回のテーマはスパ...

Events

4月26日| 器と料理の本「LIVE」出版記念パーティー

2年の月日を経て、いよいよ皆様のお手元にお届けできる日を迎えることが決定しました。4月下旬、青幻舎より写真集「LIV...

Events

4月6日|第1回車窓ナイト

鉄ちゃん待望の企画がいよいよスタート。第1回車窓ナイト。日本の各地を走る鉄道の運転席から撮影したリアルな映像をラ...